私は32歳で婚活を初めて34歳で結婚しました。

それまでは、婚活パーティーや合コンに1度も行ったことがありませんでした。

割と出会いが多い趣味をしていたので、そこで出会ってお付き合いをすることが多かったのです。

私が婚活を始めるきっかけとなった最後に付き合った男性は、大事なことを隠して私と付き合っていたのです。

スポンサーリンク

趣味の場で出会った嘘つきの彼

彼が私のことを気に入り、アプローチされていました。

私が「細い人が好き」と言うと体重を10㎏ほど落としたりして、かなり思っていてくれていたことが行動から分かりました。

他に良い人がいなかったので、私も彼に対して前向きに考えるようになりました。

その時、30歳だったので、将来を考えられる人としかお付き合いをする気がありませんでした。

その彼に、「結婚を考えた付き合いならばOK」と言う条件を出したところ、彼はそれを承諾して付き合うことになりました。

スポンサーリンク

付き合う前に確認したこと

結婚を考えない付き合いであれば、DVや浮気をする人でなければ良いのですが、結婚を考えた人とは生活を共にするので色々確認しておきたいことがありました。

・借金の有無

・結婚歴(子供の有無)

・相手の家族のこと

・国籍や宗教

などと言ったことを、お付き合いをする前に彼に確認をしました。

答えは、借金もないし、バツイチでも子供もいないとはっきりと答えていました。

スポンサーリンク

お付き合いが始まってすぐに同棲、が最初に不審に思ったこと

お付き合いが始まってすぐに同棲をすることになったので、彼と一緒に私の親の所に挨拶に行きました。

そして、相手の親のところへも通常は行くと思いますが、彼から少し待って欲しいと言われました。

とりあえず保留を了解しましたが、後で聞くと「母親が彼女(私)に会いたくない」とのことでした。

これを聞いた時に少し不思議に思ったのですが、付き合ってすぐだったのでもう少し落ち着いたらで良いかなと思いました。

本当であれば、ここでもっと追求するべきでした。

片方の親には挨拶に行ったのに、もう片方には行かないと言うか行けないなんてこと普通はおかしいですよね。

ここで私がスルーしてしまったのが失敗でした。

彼からのカミングアウト

とりあえず私の親には了解をもらったので、同棲の話は進めていきました。

家を借り、必要な家具を買って、後は引っ越すだけのところで彼が言い出しました。

「実は父親に借金が400万くらいあることが分かった、迷惑をかけられないので別れて欲しい」

しかし、突然借金があることが分かるのはおかしいと思い、それまで督促状は届いていなかったのか等と質問していくと、

父親に借金があるのは嘘。

本当は、自分がバツイチで別れた奥さんの借金200万円を肩代わりしたから自分に借金が200万円あるとのことです。

さらに、彼が言うには

そもそもその奥さんと結婚する気はなかったけど押し切られて結婚したが、結婚生活が嫌で別れて欲しいと言ったが奥さんは離婚を拒否。

最終的に、その奥さんがクレジットカードのキャッシングで買い物をしてできた借金200万円を肩代わりするなら離婚に承諾するとなり、彼がその借金を肩代わりして離婚が成立したそうです。

最初に父親の借金で別れてと言ったのは、自分がバツイチで借金があることを嘘をついたことを隠したかったから。

そして、同棲開始時に彼のお母さんが私に会いたくないと言ったのは、また同じ様に付き合ってすぐ別れると思うと、わざわざ会うのが嫌だったから。

借金、婚歴を隠していただけならまだしも、それを隠すために父親に借金がある話にするとは、彼はかなりの嘘つきだと思います。

しかし焦っていた私は・・・

この事実を話されて、30歳で結婚に焦っていた私は彼とそのまま同棲をしてしまいました。

もちろん、自分の親には借金等のことは話していません。

ですが、その後の同棲生活は、疑いの連続でした。

何をしても、嘘をついているかも、、と言う疑惑が消えず、喧嘩ばかりしていました。

そして、喧嘩ばかりで上手くいかず同棲から1年足らずで別れることとなりました。

これが32歳直前。

この彼氏と別れた1週間後の婚活パーティーに申し込み私の婚活が始まったのです。

ちなみに彼は、私と別れる1〜2ヶ月前から新しい女性がいたかも知れません。

まとめ

私は友人からどちらかと言うと「騙されにくい」と言われるタイプです。

しかし、この彼の嘘を見破ることができませんでした。

相手の親が会いたくないと言う時点でおかしいと思わなければいけない所ですが、焦りが勝ってしまっていました。

私に借金や婚歴などを隠した理由を彼に聞くと

「本当のことを言ったら付き合ってくれなかったでしょ」と言っていました。

非常に自分勝手な理由です。

また、私が嘘をつかれたのに、そのまま同棲を続行させたのも今となっては時間の無駄だったと思います。

私をそうさせたのは、

結婚に焦っていたし、同棲の準備もしてお金も使っていた、

のが最大の理由です。

でも結局は相手のことが信用できずに結婚ができる状況ではありませんでした。

自分は大丈夫だと思っている人でも、焦りなどで正しい判断ができないことが多いです。

結果的に、あの人と結婚せずに本当に良かったと思います。

そして、彼と別れた直後に婚活を始めたので思ったよりは早く結果が出せました。

でも、通常の出会いだと彼と同じ様に嘘をつかれても分かりません。

男の人は平気で嘘をつく人は多いと思います。

これ以上は無駄な時間を使いたくなかった私は結婚相談所へ入会して婚活をしました。

少なくとも相手の婚歴は事前に分かるので安心です。

そして、オーネットへ入会後、そこで出会って結婚することができました。

結婚相談所は、変な人と付き合いたくない、時間を無駄にしたくない人におすすめです。

オーネットは自分のペースで安心して婚活ができるので、出会う人も普通の人が多かったです。

入会前のチャンステストで自分と相手の条件の合った人が何人いるか、どんな人が紹介されるか分かった上で入会ができます。

スポンサーリンク
おすすめの記事