パートナーエージェントと提携している結婚相談所は内容が同じ?3社を比較

エン婚活エージェントとゼクシィ縁結びエージェントはパートナーエージェントと提携している結婚相談所です。

この3社はMYPR検索が出来たり、お見合い後のコンタクト・フィードバックがある等の活動内容が似ています。

しかし、提携しているものの申し込み人数やお相手の紹介方法など異なる点はいくつかあります。

こちらでは、エン婚活エージェント、ゼクシィ縁結びエージェント、パートナーエージェントの3社の料金、紹介人数や活動内容などを比較して、どこに入会するのがベストかまとめてみました。

料金プランの比較

まずは料金から比べてみたいと思います。

以下の表は、ゼクシィ縁結びエージェントはスタンダードコース、パートナーエージェントはコンシェルジュコース(エリア1)になっています。(エン婚活エージェントはプランは1つのみです)

 エン婚活エージェントゼクシィ縁結びエージェント
パートナーエージェント
年間費用153,000円222,000円379,000円
初期費用9,800円30,000円125,000円
月会費12,000円16,000円17,000円
成婚料0円0円50,000円
一番、格安なのはエン婚活エージェントです。

パートナーエージェントは2社に比べると初期費用が高く成婚料も発生します。

お金のことだけを考えるとエン婚活エージェントが一番です。

会員数の比較

次に会員数の比較です。

 エン婚活エージェントゼクシィ縁結びエージェント
パートナーエージェント
自社のみの会員数
不明10,850人11,508人
紹介可能人数
30,166人27,700人24,439人
3社とも自社だけの会員数よりも紹介可能人数を大きくアピールしています。

3社とも自社だけの会員に加え、コネクトシップに加盟している各結婚相談所のうち、上の3社それぞれとマッチングに承諾している会員を含んだ人数が紹介可能人数になっています。

紹介可能人数だけで選ぶとエン婚活エージェントが一番ですが、エン婚活エージェントは自社だけの登録会員数を公表していないのでコネクトシップにかかっている感が強くなります。

それではコネクトシップについて次で見ていきましょう。

コネクトシップとは?

エン婚活エージェント、ゼクシィ縁結びエージェント、パートナーエージェントはコネクトシップに加盟しています。

コネクトシップに加盟すれば、コネクトシップ加盟の他結婚相談所の登録会員ともつながることが可能なので、他の結婚相談所会員にも申し込み・申し受けができます。

コネクトシップに加盟しているのは以下の結婚相談所になります。

コネクトシップの利用事業者
・マリックス
・日本仲人連盟
ゼクシィ縁結びエージェント
パートナーエージェント
・OTOCON MEMBERS 婚活カウンター
・日本結婚相談協会
エン婚活エージェント
・エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT
・ichie(いちえ)

エン婚活エージェントとゼクシィ縁結びエージェントは、元々パートナーエージェンと提携しているので紹介などの繋がりはあるのですが、エン婚活とゼクシィ縁結びエージェントは繋がっていません。

しかし、コネクトシップを利用することにより、エン婚活⇄ゼクシィ縁結びエージェント間のコンタクトの申込みが可能になります。

しかし、コネクトシップを利用している会員のみの紹介となり、コネクトシップを利用していない会員は検索システムに出てくることはありません。

また、エン婚活やゼクシィ縁結びエージェントの会員は、パートナーエージェンとの提携だけで十分と考える会員も少なくはありません。

申し込み人数の比較

各社の1ヶ月に申し込みできる人数を見ていきましょう。

以下の表は、コンシェルジュからの紹介人数と検索からの申し込み上限人数です。

 エン婚活エージェントゼクシィ縁結びエージェント
パートナーエージェント
紹介人数

6人以上6人6人前後
MYPR検索6人10人5人
(6人目からは有料)
コネクトシップ検索4人10人
ゼクシィ縁結びエージェントは検索から毎月20人まで申し込みができるので、トータルの申し込み人数も一番多くなります。

また、ゼクシィ縁結びエージェントとパートナーエージェントは有料オプションで会員のみのパーティーがあります。(パーティーからの申込みは、上記には含まれていません。)

条件検索・写真を見ての申し込みをたくさんしたい人は、ゼクシィ縁結びエージェントがおすすめです。

コンシェルジュからの紹介方法の比較

次に、コンシェルジュからの紹介方法を見ていきましょう。

先ほどの申し込み人数の比較の表の通り、各社のコンシェルジュからの紹介人数はこのようになります。

毎月の紹介人数
エン婚活エージェントは月6人以上
ゼクシィ縁結びエージェントは月6人
パートナーエージェントのコンシェルジュコースは月6人

コンシェルジュからの紹介人数は、自分の年齢や希望条件次第でエン婚活エージェントが一番多くなる可能性があります。

次に、このコンシェルジュから紹介されるお相手の選び方は各社それぞれ異なりこのようになっています。

紹介相手の選び方
・エン婚活エージェント・・・データマッチングシステム

・ゼクシィ縁結びエージェント・・・コンシェルジュがデータ検索をして選ぶ

・パートナーエージェント・・・コンシェルジュが選ぶ

エン婚活エージェントは、相互通達になっており、自分に届いた紹介は相手にも届いているのでマッチングしやすくなりますが、人が選ぶのではなく条件からシステムで選ばれた相手の紹介をコンシェルジュがしているだけになります。

ゼクシィ縁結びエージェントは相互通達ではありませんが、選び方はエン婚活エージェントと同じくシステムが選んだ相手をコンシェルジュが紹介しています。

2社に対してパートナーエージェントは、人が選ぶので、条件よりも相性の良さそうな人を紹介されることもあります。

条件だけで選ばれたくない人や少しくらい条件から外れた人でも良い人なら会ってみたいと思う人はパートナーエージェントがおすすめです。

反対に、条件を少しでも緩めたくない条件重視の人はエン婚活エージェントやゼクシィ縁結びエージェントがおすすめです。

パートナーエージェントの会員が紹介される条件

パートナーエージェントと提携しているエン婚活エージェントとゼクシィ縁結びエージェントですが、この2社はパートナーエージェントの会員を全員、紹介してもらえるわけではありません。

コネクトシップと同じように、パートナーエージェントの会員の中から、この2社の会員ともお見合いをしてもいいと了解を得ている会員のみになり、基本はパートナーエージェントの会員はパートナーエージェントの会員を優先して紹介します。

対して、エン婚活やゼクシィ縁結びエージェントは、特に自社の会員同士を優先的に紹介というわけではありません。

これは、3社のうちパートナーエージェントでの活動費用が一番高くなっているので、区別を付けているとも言われています。

紹介されるのはどこの会員?
・エン婚活エージェント
エン婚活エージェントの会員+エン婚活エージェントの会員とお見合いOKのパートナーエージェント会員

・ゼクシィ縁結びエージェント
ゼクシィ縁結びエージェントの会員+ゼクシィ縁結びエージェント会員とお見合いOKのパートナーエージェント会員

・パートナーエージェント
パートナーエージェント会員+自らOKにしたパートナーエージェントの会員のみエン婚活エージェントとゼクシィ縁結びエージェント会員

活動内容の比較

まずエン婚活エージェントは、紹介とMYPR検索での申し込みがメインとなります。

ゼクシィ縁結びエージェントは、スタンダードコースであれば紹介とMYPR検索の申し込みがメインとなります。

パートナーエージェントは、紹介がメインでMYPR検索はおまけとしています。

3社に共通するMYPR検索を次で見ていきましょう。

3社に共通するMYPR

3社ではMYPRというシステムを使って検索ができます。

パートナーエージェンと提携しているエン婚活エージェントとゼクシィ縁結びエージェントの会員は、MYPR検索を使って、パートナーエージェントの会員にファーストコンタクトを申し込むことが可能(条件付き)となります。

パートナーエージェントのMYPRは有料

エン婚活エージェントとゼクシィ縁結びエージェントは、MYPRの掲載や申込みが無料で行うことが出来ますが、パートナーエージェントはMYPRでの申し込みは月5人までは無料ですが、それ以上は申込み1件につき2,000円が必要となります。

MYPRが有料になるのは、パートナーエージェントは基本的にコンシェルジュからの紹介をメインにしているからです。

MYPRの利用料金
・エン婚活無料

・ゼクシィ縁結びエージェント無料

・パートナーエージェント月5人まで無料

成婚率の比較

ゼクシィ縁結びエージェントとエン婚活エージェントは、成婚率は公表していません。

これは、ゼクシィ縁結びエージェントが2015年スタート、エン婚活が2016年スタートと始まったばかりになるためです。

そして、パートナーエージェントの成婚率は27.2%で結婚相談所の中で1番高くなっています。

オーネットの成婚率が約10%なので、パートナーエージェントはその3倍近くとなり非常に高い成婚率ということが分かります。

成婚率で選ぶならパートナージェントです。

スタッフのサポートについての比較

3社それぞれ入会した後は1人1人に専任のスタッフが付きます。

このスタッフは、パートナーエージェントとエン婚活エージェントではコンシェルジュと呼ばれ、ゼクシィ縁結びエージェントはマッチングコーディネーターと呼ばれています。

それでは、3社それぞれののサポートの違いを見ていきましょう。

エン婚活エージェント

エン婚活エージェントの紹介はコンシェルジュが選ぶのではなく、データ上のマッチングシステムで選ばれた相手が紹介されます。

また、コンシェルジュと電話かメールだけのやり取りとなり対面することはありませんが、コンシェルジュはパートナーエージェントのノウハウを駆使しています。

しかし、3社の中では1番サポートは弱くなります。

ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ縁結びエージェントでの紹介はマッチングコーディネーターが会員の希望条件を細かく聞いて、その条件をもとにマッチングコーディネーターがシステムを検索しての紹介となります。

また、スタンダードコースは3ヶ月に1回対面しての面談があります。

サポートの度合いはエン婚活エージェントとパートナーエージェントの中間と言った所です。

パートナーエージェント

パートナーエージェントでの紹介は、コンシェルジュが会員に合いそうな人を優先して選ぶので条件を絶対的に重視していません。

また、200時間以上の研修を受けたコンシェルジュが婚活設計を立て成婚までをサポートしてくれます。

他2社もパートナーエージェントのノウハウを取り入れているものの、パートナーエージェント程のお世話はしてくれません。

アドバイスを受けたいだけであれば一番低価格のエン婚活エージェントで十分ですが、アドバイス以外にも対面して入会から成婚までフルでサポートを受けたい場合はパートナーエージェントが一番おすすめです。

まとめ

3社が共通していることは、

MYPR検索ができること
コネクトシップで他の結婚相談所会員にも申し込みができる
コンタクトフィードバックがあること

です。

それぞれどんな人がおすすめかまとめたので参考にしてみてください。

エン婚活エージェント」がおすすめな人
婚活サイトは不安だけど結婚相談所に高いお金を払いたくない人。
アドバイスは必要な時だけで、自分で相手探しができる人。

ゼクシィ縁結びエージェント」がおすすめな人
写真を見てたくさんの人に申し込みをしたい人。成婚料を払いたくない人。
低価格でそれなりのサポートを受けながら自分で相手探しができる人。

パートナーエージェント」がおすすめな人
自分で探すのは面倒&時間がないので、コンシェルジュに自分に合う人を見つけて欲しい人。
成婚実績が高い結婚相談所が安心だと思う人。
他のデータマッチング型結婚相談所で成婚できなかった人。

アラサー女性が1番出会えるのはオーネット

早く結婚をしたいのに出会いがなく焦っていませんか?職場に出会いがなければ、友人の紹介や合コンになりますがそれも年々減ってしまいます。

オーネットの会員の年齢層は、男女とも30代が一番多く、その中でも男性の年齢層は30代半ばから後半が多いので28歳くらいから30代前半の女性はモテます

また、年収450~600万円の安定した職業の男性が多いので結婚相手を見つけるのに最適です。

めちゃくちゃお金持ちの男性とはなかなか出会えないかも知れませんが、同年代の安定した職業の男性と出会いたい女性はオーネットがオススメです。

おすすめの記事