楽天オーネットとツヴァイ、この2社は内容がよく似ているのでどちらに入会するか迷う人が多いのではないでしょうか。

そこで、料金から活動内容などを比較した上で、どちらがおすすめかご紹介します。

スポンサーリンク

楽天オーネットとツヴァイの比較

簡単に表でまとめてみました。

 オーネット ツヴァイ
初期費用106,000円95,000円
月会費13,900円15,600円
会員数49,936人27,758人
年齢層男女とも30代が多い男性は40代、女性は30代が多い
データマッチング72人96人以上
データマッチングの形片側紹介相互紹介
プロフィール検索8人3人
写真検索年間30人月2人(年間24人)
申込前に写真を確認確認できない確認できる
パーティー年間2,600回以上年間1,700回以上
お見合いセッティング20,000円/回5,000円/回
会員同士の成婚者数5,880人非公開
会員外含めた成婚者数12,022人5,427人
店舗数40店舗51店舗
連絡先交換のタイミングメッセージのやり取り次第申し込み承諾後すぐ
休会費用500円/月1,500円/月
休会期間最大1年間最大6ヶ月
それぞれの内容を以下で詳しく見ていきましょう。

料金の比較

 オーネット
(プレミアムプラン)
ツヴァイ
(パーソナルサポートスタンダード)
年間費用272,800円282,200円
入会金30,000円30,000円
初期費用76,000円65,000円
月会費13,900円15,600円
休会費500円/月1,500円/月
成婚料0円0円
料金はどちらも大きな違いはありません。

しかし、ツヴァイはお見合いセッティングがサービスに含まれているパーソナルサポートプレミアムになりますと、パーソナルサポートスタンダードより5万円高くなり年間費用は332,200円となります。

また、ツヴァイの月会費は年間紹介人数によって値段が異なります。

月会費15,600円は紹介数が一番多い96人以上の紹介となります。

年間紹介人数が少ないコースにすれば月会費も安くなります。

人数の比較

楽天オーネット49,391人

ツヴァイ29,236人

楽天オーネットの方が2万人近く多くなっています。

単純に人数が多い方が選択肢が増えるので、この点は楽天オーネットが有利です。

年齢層の比較

楽天オーネット20、30代が多く、男女とも30代が一番多い

ツヴァイ30、40代が多く、男性は40代、女性は30代が多い

楽天オーネットは比較的若い人が多く、ツヴァイはアラフォー世代が多くなっています。

若い人が同年代の人と出会いたい場合は、楽天オーネットの方がおすすめです。

しかし、アラフォー世代の人が若い人と出会いたい場合、その若い人が年上を希望していなければなかなか出会いには繋がりません。

楽天オーネットの入会前のチャンステストで、自分と相手の条件がマッチングしている人のプロフィールを見ることができるので、若い人と出会いたい人は、自分を希望している若い人がいるかを入会前に知ることができます。

年間紹介人数の比較

楽天オーネット72人

ツヴァイ96人以上

この人数は紹介書が届く数になります。

楽天オーネットは毎月6通の紹介書発行ですが、ツヴァイは最初に入会したコースによって異なります。

一番紹介が多いコースで96人以上になりますが、毎月何通とは決まっておらず、条件が良い人の場合、紹介書が1回に80通届く人もいます。

この紹介書の写真は、楽天オーネットは申し込み承諾後でなければ見られませんが、ツヴァイは申し込み前に写真を見て申し込みができるので、楽天オーネットでよくある「申し込み後に写真を見た途端断られる」ことはありません。

そして、楽天オーネットは片側紹介ですが、ツヴァイは相互紹介となり同じタイミングでお互いの紹介書が確認できる為、先に繋がりやすくなります。

プロフィール検索


楽天オーネット月8人(イントロG)

ツヴァイ月3人(価値観マッチング)

楽天オーネットの成婚退会者の半分はプロフィール検索ことイントロGでの出会いになります

ツヴァイのプロフィール検索は、価値観マッチングと言われていて条件で探すというよりも年齢と地域だけを絞り(自分と価値観の合う人が分かるシステムになっているので)価値観の合う人を探す検索システムになります。

写真からの出会い

楽天オーネット年間30人

ツヴァイ毎月2人

楽天オーネットは写真検索からの申し込みをしたい場合、店舗のみでの観覧となり1回10人まで申し込みができます。それが年3回(合計30人)まで可能です。

ツヴァイは自宅のPCやスマホから毎月2人までに申し込みが可能です。

オーネットの方が申し込みできる数が多いのですが、店舗に予約を取って行く必要があります。

どちらが良いかは個人差になります。

パーティーでの出会い

楽天オーネット年間2,600回以上

ツヴァイ年間1,700回以上

入会して間もない時期や、申し込みをしても返事がない、やり取りをする人がいなくなった場合はパーティーへの参加がおすすめです。

お見合いセッティング


楽天オーネット20,000円

ツヴァイ5,000円

ツヴァイは、パーソナルサポートスタンダードより初期費用が5万円高くなるパーソナルサポートプレミアムに入会しなければ、お見合いのセッティングサービスを受けることができません

しかし、パーソナルサポートプレミアムに入会すれば1回5,000円でセッティングしてくれますので、お見合いセッティングとデータマッチングをどちらも希望する人はツヴァイのパーソナルサポートプレミアムへの入会をおすすめします。

成婚実績の比較

楽天オーネット5,990人

ツヴァイ5,259人

ツヴァイのこの人数は会員外含め結婚が決まり退会した人数となり、会員同士の成婚数は非公開です。

楽天オーネットの5,990人は会員同士の成婚退会者数で、会員外を含めた成婚退会数は11,783人となり、楽天オーネットの方が断然多くなります。

店舗数

楽天オーネット40店舗

ツヴァイ56店舗

楽天オーネットは写真検索の時に店舗へ行く必要があります。ツヴァイは紹介書などのプロフィール写真がどちらかが非公開になっていれば店舗で確認をしなけいけません。

何かと店舗へ出向くことが多くなるので、店舗が多く自分の生活圏内にあることはメリットになります。

連絡先交換までの長さ


楽天オーネット掲示板でメッセージのやり取り後会うことが決まれば各自の判断で交換

ツヴァイコンタクト成立後すぐ開示される。マイページでのメッセージは5回までしかできない。

楽天オーネットはメッセージは無制限にできるので、いつまでも会えないデメリットがあります。

その点、ツヴァイではメッセージ交換の回数が限らているので早めに会う流れとなります。

休会の期間

楽天オーネット月500円で1年間連続して可能

ツヴァイ月1,500円で連続して取れるのは3ヶ月までで年間最大6ヶ月まで

楽天オーネットは1年以内であればいつでも休会ができますが、ツヴァイは休会が3ヶ月連続までになります。

もし、ツヴァイでお付き合いする相手が決まり休会を取っても4ヶ月後には活動再開(通常の月会費が発生)になってしまうので、結婚の意思を早く固める必要があります。

まとめ

以上のことから、どちらもメリット、デメリットがあるのでどちらかの方が断然良いとは言い切れません。

楽天オーネットは休会も自由で、会う前のメッセージのやり取りが無制限にできるので、自分のペースで活動ができることは確かですが、だらだらと活動を続けてしまう恐れがあります。

また、写真が申し込み前に見られないので写真を見た途端、お断りされて傷つく人もいます。

ツヴァイは、休会やメッセージの回数が決められており、早く決めなければいけない状況が自然と作られます。

また、申し込み前に写真を見ることができるので会うまでがスムーズです。

しかし、紹介書以外の出会いですと、相手の詳しいプロフィールがわからないので、知りたい場合は少し手間のかかるシステムとなっています。

どちらも一長一短ですので、それぞれどんな人におすすめかをまとめてみましたので参考にしてください。

楽天オーネットはこんな人におすすめ
・30代前半までの女性と30代までの男性
・自分のペースで活動をしたい人
・ある程度相手とお付き合いした上で退会を考えたい人
・お見合いセッティングは不要な人
・やっぱり会員数が多い所の方が安心だと思う人

・相手とメッセージのやり取りをしてから会うか決めたい人

▽オーネットのチャンステストはこちら

ツヴァイはこんな人におすすめ
・30代後半以上の女性と40代以上の男性
・まずは写真を見てから申し込みをしたい人
・自分から一つ一つ検索するよりも条件が合う紹介書の中から選びたい人
・お見合いセッティングサービスが気になる人
・会う前のメッセージのやり取りは不要で、すぐに相手と会いたい人。
・相手が見つかってからの交際期間は短くても大丈夫な人(早く結婚を決めたい人)

\ツヴァイは結婚相談所の良いとこ取り/

まずは、資料請求や店舗での説明を聞いてみて、自分の性格や考えに合っている方に入会することをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事