相手を好きになれない・・・婚活が長引く人の特徴

相手からお付き合いを申し込まれることがあっても気乗りせずに断ってばかりの人で婚活を2年以上続けている人は、自分自身に何か原因があるはずです。

単に運命の相手と出会えていないだけ、とは考えにくいかも知れません。

考えられる原因を見ていきましょう。

スポンサーリンク

理想が高い

頭が良い、顔が好み、年収が高い、背が高い、優しい、割り勘にしない、、、全て揃っている人が理想ですが、なかなかいません。

全て揃っている人は婚活をしていません。もしくは、婚活をしてもすぐに相手が見つかります。

条件がたくさんある人は、絶対譲れない条件を1つか2つに絞る方が良いと思います。

また、自分はそれほど理想が高いと感じていない人も注意です。

自分より背が高く、自分より年収が高く、自分より頭が良い人、も理想が高いうちに入ります。

自分より全て優れている人もなかなか見つからないものです。

決断が早い

1度会っただけで相手がアリかナシか決めてしまう人は縁を逃している可能性があります。

嫌だと感じなければもう一度会ってみると相手の違った部分が見えるかも知れません。

何度か会ううちに好きになることも十分にあります。

少なくとも3回は会ってみて決断することをおすすめします。

同時に色々な人と会いすぎている

一度にたくさんの人と会いすぎている人も婚活が長引く原因となります。

同時にたくさんの人と並行して会うと1人1人の良さが見えなくなり、誰と会ってもピンと来ないと思ってしまいます。

並行して会うのは2人までにしておきましょう。

比べ過ぎると、どの人が良いかわからなくなります。

年下が好き

女性は年齢が高くなるにつれ、年下男性を好む人が多くなります。

また男性も年齢が高くなるにつれ、若い女性を求めるようになります。

他の条件はないけれど譲れない条件が年齢だけ、と言う人も要注意です。

年上女性が好きな男性、年上女性でも良い男性は少数です。

また、10歳以上年上の男性が好きな若い女性も少数です。

社内で出会うならまだしも、婚活パーティーや婚活サイトなどの婚活の場所で見つけるのは困難です。

メールや電話が嫌い

メールや電話が嫌いな人は相手との距離が縮まりにくくなります。

好きでもない相手とメールや電話をするのは苦痛かも知れませんが、相手を知るきっかけになります。

お互い仕事をしていたらなかなか会えない分、毎日でなくても週に何度か連絡を取り合うのも必要です。

まとめ

婚活で一目惚れや1,2度会っただけで恋に落ちる、と言うことは稀です。

出会った相手とちゃんと向き合って好きになる方向に持って行くことが一番の近道です。

1度会っただけで判断せずに何度か会ってみると好きになったという人は結構多いです。

まずは、出会った相手1人1人を良く知る事から始めてみることをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事