30代で婚活は疲れる!婚活疲れになる原因と解消法

婚活を頑張ってもなかなか成果が出ない。気持ちばかり焦る。
30歳を過ぎると周りの友人は結婚して子供までいるから相談もできない。

そんな状態が続けば、精神的に疲れてしまいます。

これは”婚活疲れ”と言われるものです。

この婚活疲れになる原因と解消をまとめました。

婚活疲れになる原因は?

婚活が長引けば婚活疲れになります。

まずは婚活疲れになる原因をまとめてみました。

理想の相手と出会えない

今までは普通に好きな人と出会って付き合えていたのに、婚活を始めて好きな相手以前に普通の男性がいないと感じる女性は多いです。

婚活をすると普通の男性がどれだけ貴重なのかわかります。

また、生理的に無理な人が多いことに気づいてしまいます。

行く場所行く場所、少しでも良いと思える男性が全くいないことは婚活では普通のことです。

婚活中に出会う男性は、自分の周りにいないタイプの男性が多く今までは何とも思っていなかった自分の周りの男性がとても良く見えることもあります。

妥協した男性にすら対象外とされる

婚活パーティーに行ってもフリータイムで誰も自分のところへ来てくれないのはショックです。

その婚活パーティーの中に良いと思う男性がいなくても、誰にも選ばれないと惨めに感じます。

また、男性は年齢を重視するので自分の年齢を伝えた途端に態度を変える男性もいます。

婚活サイトや結婚相談所で申し込みをしてもお断りが続くと嫌になります。

妥協して申し込んだ男性にもお断りされると最悪な気持ちになります。

今まで、普通に彼氏もいて決してモテなかった訳ではないのに、婚活ではモテないと思うことが多々あります。

気に入った相手を見つけても相手から気に入ってもらえない

やっと気になる男性に出会えても相手から誘ってもらえない場合、自分から誘うしかありません。

婚活では女性からも誘うのは普通の事です。

でも、いざ誘ってみても相手の男性から「忙しいのでまた連絡します」等、いかにもお断りの返事が来るとショックです。

スケジュールを詰め過ぎた

焦ってくると、平日も週末も婚活で趣味が婚活みたいになってしまうことがあります。

また、婚活サイトなどで何人もの男性と会い同時進行でデートするものの付き合うまでに至らないと時間とお金と体力が消費されて婚活疲れの原因となります。

相手に結婚する気持ちがない

婚活女性を狙う既婚者や遊び目的の男性もいます。

やっとお付き合いする相手が見つかったのに、相手は結婚する気がない人だったり相手は遊び目的だったということもあります。

もしそんな男性と分かったらキッパリ別れた方が良いのですが、婚活が長引いていたら正しい判断ができなくなるので要注意です。

孤独に婚活をしている

婚活しなくても結婚した友達には婚活の悩みを話しづらいです。

話しても逆に「いろんな人と出会えて楽しそう!」と言われることもあるかも知れません。

「婚活なんて楽しい訳ないだろ!」とは言えないので、結局誰にも相談できず孤独になって行きます。

婚活疲れの解消法は?


婚活をしていて繰り返し嫌な事ばかり続き、気持ちが落ち込み「もう婚活なんてしたくない!」と思ったら、それは婚活疲れです。

そんな時は早めに対策をしましょう。辛い気持ちのまま続けても状況は変わりません。

しばらく婚活を休む

婚活疲れになった人はまずは婚活を休みましょう。

心が病んでしまえばまともな判断ができません。

早く婚活を終わらせたい思いから間違った相手を選んでしまったら、今までの努力が水の泡です。

婚活を休む時は期限を決めて休むことです。

休む期間は3ヶ月まで。

それ以上休んでしまうと、婚活を再スタートする気持ちがなくなってしまいます。

休んだ後は、新たな気持ちで婚活をスタートできると思います。

場所を変えてみる

場所や方法を変えてみるのも一つです。

例えば、今まで結婚相談所で活動していたのであれば、合コンに参加してみるのもいいかもしれません。

また、婚活パーティーばかりで婚活をしている人は、婚活サイトに登録してみるのもアリだと思います。

同じ場所で婚活を続けると同じ人にも会うので、場所を変えてみることをおすすめします。

場所を変えれば気分転換にもなりますし、新たな出会いがあるかも知れません。

婚活友達を作る

もし、孤独に婚活をしている場合、同じ境遇の友達を作ると心強くなります。

婚活友達がいれば合コンに参加しやすくなったり、一緒に婚活イベントに参加できて出会いのきっかけにもなります。

しかし、婚活友達とあまり仲良くなり過ぎると婚活がそっちのけになるので、ほどほどに付き合うことをおすすめします。

婚活友達の作り方は、婚活パーティーなどのイベントに1人で参加した時に同じく1人で来ている同年代の女性に話しかけてみることです。

ひとり旅をする


日帰りでもいいので1人で旅行に行きます。

生活圏から少し離れて違った景色を見るとリフレッシュできます。

また、辛い婚活をしてまで結婚したいのか、自分の理想の相手の条件を見直してみるなど1人でゆっくり考える時間ができます。

BARに行く

居心地が良いBARを見つけてお店の人と話したりすると気分転換になります。

また、BARに1人で行くと出会いがあります。

その出会いが将来に繋がる出会いか、一期一会なのかは分かりませんが、婚活以外で出会う人と接すれば気分転換になります。

モテなくて当たり前と開き直る


今までの人生で自分はモテないと感じたことがない人でも、婚活をしていると相手にされないことがあり自分はモテないと思ってしまうことがあります。

しかし、婚活で毎回モテる人は稀です。

何度も婚活の場所に行くとそれだけ多くの男性と出会います。

そして、彼らの女性好みもそれぞれなので毎回モテる訳ではありません。

最初は落ち込みますが、相手にされなくても気にしないようにします。

今回はたまたま自分を気に入ってくれる人がいなかっただけなのです。

理想を見直す

出会えないのは自分の理想が高いからかも知れません。

条件などを見直すとあっさり出会えるかも知れません。

自分が絶対に譲れないことは2つくらいまでに絞り、それ以外は少しくらい条件から外れていても相手と何度か会ってみると拘っていた条件がどうでもよくなるかも知れません。

それでも婚活疲れが抜けない時は?


何をやっても気持ちが戻らない場合は、婚活をやめて1人で生きることを考えるのも一つです。

最近では、婚活がきっかけで鬱になる人もいますし、病院に婚活外来ができるほど婚活に悩んでいる人はたくさんいます。

心が病んでまで結婚をしたいのかを考えてみましょう。

婚活をやめたら絶対に結婚できない、とは限りません。

婚活を続けていたら絶対に結婚できる、とも限りません。

婚活をやめてから出会いがあり結婚できたという人も多くいます。

まとめ

以上の解消法は、私が婚活中に実際に行い効果があったものです。

ピークに落ち込んだ時は、本気で婚活をやめようと思い1人で生きていくことも考えました。

婚活が長引いてしまうと誰でも疲れます。それが普通なのです。

まずは婚活に疲れたら暫く休み、その後は色々な場所で気分を変えながら婚活をしてみることをおすすめします。

アラサー女性が1番出会えるのはオーネット

早く結婚をしたいのに出会いがなく焦っていませんか?職場に出会いがなければ、友人の紹介や合コンになりますがそれも年々減ってしまいます。

オーネットの会員の年齢層は、男女とも30代が一番多く、その中でも男性の年齢層は30代半ばから後半が多いので28歳くらいから30代前半の女性はモテます

また、年収450~600万円の安定した職業の男性が多いので結婚相手を見つけるのに最適です。

めちゃくちゃお金持ちの男性とはなかなか出会えないかも知れませんが、同年代の安定した職業の男性と出会いたい女性はオーネットがオススメです。

おすすめの記事