婚活中に気になることの一つにお会計問題があります。

初めて出会った相手とお茶や食事をした後の支払いが気になる女性は多いと思います。

割り勘だと少し残念に思う人もいるのではないでしょうか?

そのお会計問題について私の体験談を元にまとめたいと思います。

スポンサーリンク

割り勘=自分に興味なし、とは限らない

相手の男性から割り勘を申し出られても、相手は自分に興味がないとは限りません。

割り勘が当たり前の男性もいます。

また、結婚相談所での出会いでも、その結婚相談所が”最初のお茶代は男性が支払う”と定められていない場合は、割り勘もあり得ます。

男性も出会う相手が増えたら、例えお茶代だけだとしても出会った全ての女性のお茶代を負担してしまうとそれなりに高収入でなければ厳しいのです。

ですので、相手から割り勘を申し出られたとしても相手が自分に興味がないとは限りません。

大半の女性は、割り勘=自分に興味がないと思いがちですが、割り勘をした相手から再びデートの誘いがあり驚いたと言う人もたくさんいます。

相手が割り勘かおごりかの判断は?

相手が割り勘派かおごり派なのかは実際のお会計時にしか分かりません。

年収が高い人でもきっちり割り勘にする人もいますし、年収が自分と大差ない人でも女性からお金を受け取らない人もいます。

こればかりは事前に判断することができません。

私は過去に合コンで出会った男性と食事に行ったのですが、その男性は完全な割り勘派でした。

会計が3,000円だったのですが、私はほとんど食べなかったのにきっちり1,500円請求されました。

しかし、私はその男性がおごり派だと思っていました。

そう思っていた理由は、合コン中は「ここの会計は男が持つよ」と言っていたのです。

しかし、2人で食事した時は相手の方が多く飲んだり食べたりしたのにも関わらず、自分の方が少し多めに出すことはせずに完全な割り勘でした。

それは私と2人で会ったら、思っていた感じと違った等、私に興味がなくこれが最初で最後だから、だと思っていましたが、その食事の後も誘いがありました。

しかも断っても4,5回以上も誘ってきたのです。

だから、相手と2人で食事に行くまでは本当に分からないものだと思いました。

割り勘かおごりかで相手を判断するのは良くない?

やはり多くの女性は割り勘に良い印象を持ちません。

自分が飲食したものは自分で支払うのは当然です。

しかし、ごちそうしてくれる男性、割り勘の男性、どちらも同じ条件でルックスなど好みに関しても大差がない2人だとやはりごちそうしてくれる男性を選びます。

むしろ、他はダメでもごちそうしてくれる男性の方を選ぶ人もいるので、それで判断することは全然悪いことではないと思います。

正直、私も割り勘をする男性とは次回も会うことが無いに等しいくらいでした。

自分が相手の男性を特別に気に入っている場合を除いて、別に会っても会わなくてもどっちでも良い割り勘派の男性と次も会おうとは思いませんでした。

割り勘かおごりか分からない場合は行く店に注意

相手が割り勘をする人かどうか分からない場合は、行くお店に注意です。

男性も最初から割り勘にするのであれば女性が負担に感じない金額のお店へ行くべきなのですが、高級店へ行き1人1万円くらいのコースを勝手に頼んでお会計の時にきっちり割り勘する男性もいるので注意が必要です。

良く分からない相手と、わざわざ高級店で自腹で食事したいと思いません。

初回であればお茶だけで十分です。

初めて会う男性から食事ができるお店を予約したと言われたら、どこのお店か聞き出しネットで調べることをおすすめします。

私もオーネットで知り合った男性から、初回からランチに誘われどこに行くか事前に聞いたところ、ランチコースで5,000円くらいするお店を予約していたのです。

初めて会う相手とそんなお店へは行きたくないし、食事だと一緒にいる時間も長くなります。

またオーネットは初回は割り勘にする男性も多く、見知らぬ相手と5,000円を支払ってランチを食べたいとは思わないし、おごりだとしても次も会うか分からない男性に5,000円もごちそうしてもらうのは嫌だったので、行き先をカフェに変更してもらいました。

実際、会ってみるとその男性は割り勘派だったので、お茶代だけで助かりました。

そして、次も会いたいと思うような相手ではありませんでした。

2回目はないと思う相手には割り勘を申し出た方が良い

初めて相手と会ってタイプではない、この相手とはもう会いたくないと思った場合は、相手がごちそうしてくれる人でも割り勘にした方が無難です。

相手にごちそうしてもらうと、次誘われた時になんとなく断りにくく感じます。

また、誘いを断ったら「この前ごちそうしたお金を返して」と言う人もいます。

このようなトラブルを少しでも避ける為には、相手が嫌であればあるほど何が何でも割り勘を申し出ることをおすすめします。

たかが数百円~数千円で後々面倒になると言うこともあり得るので注意が必要です。

まとめ

私が婚活中に出会った男性は割り勘派は3割、後はすべてごちそうしてくれる男性でした。

そして割り勘しても2回目の誘いがある人、ごちそうしてくれても次の誘いがない人もいるのでこれだけで自分に興味があるかないかは判断できませんでした。

また、私の周りでも割り勘派の男性とお付き合いした人は少なく感じます。

実際に、私が今まで付き合った人は全員、最初からごちそうしてくれる人で女性からお金を受け取らない人がほとんどでした。

割り勘派の男性は、全てではないのですが、ケチな人、お金に細かい人が多かったです。

そのような男性とは話しが合わなかったのか、もしくは割り勘されるから良い印象を持てなかったのか、初回のみで終わりました。

自分が飲食した物は自分で支払うのは良いのですが、あきらかに男性の方が多く飲み食いしたのに完全割り勘の人、割り勘なのに高いお店を予約する人はお付き合いする相手としてはおすすめできません。

\私はここで結婚相手を見つけました/

スポンサーリンク
おすすめの記事